自分の事業をつくろう

作る

自分の事業を持とう!

自分の事業って?

いまやいろんな職業(?)がありますよね。アフィリエイトだとか、せどりだとか、とにかくたくさんの収益方法が転がっています。

が、その多くは「他人のものを売る」というものです。

そうではなく、ここでいう「自分の事業」ってのは他人のものではなく、自分の商品や自分自身のキャラクターなどを販売するという意味です。

基本は他人のものを売ったほうが儲かります

とはいえ、実は、他人の物を売る方が実は儲かりやすいです。

例えば、とある営業会社も「事業は在庫だ」「自分で事業を持つと変化に対応できない」といって、絶対に自己事業をもたないというスタイルを貫いていました。これは正しいです。今や東証一部上場企業です。

また、他人のものを売るということは非常に儲けやすい手法です。ソフトバンクはAppleがiPhoneを販売するというときに猛烈なノルマを背負って独占的にiPhoneを販売しました。そこから10年たたずにNTTドコモを超える時価総額になってしまいましたね。

アフィリエイトや転売で大金持ちになったという方がたくさんいます。僕の周りにも月収1000万円以上の人間なんて存在します。何人も。

それは他人のものを販売しているからです。その時期に一番売れるものを扱い利益をうまくだしているのですね。売れるものを売る。他人のものを売る。大金持ちが最も誕生しやすいスタイルです。

他人に人生を左右されます

他人のものを売る欠点

ただ、この「他人のものを売る」には1つだけ欠点があります。それは他社の判断に振り回されるということです。

例えば、とある商品の代理店、もしくはアフィリエイトをしていたとします。毎月そこから200万円の利益をあなたが得ていたとします。このまま行けば、数年で豪邸が買えちゃうな、そう喜んでいたところであなたのもとにある日1通のメールのが届くのです。

「報酬単価を2万円から3500円に変更します」

このメール1通で月収が200万円から35万円に変わってしまいます。僕はなんどもこの現場を見ました。他人のものを売っている以上、その他人に人生を左右されてしまうのです。

事業を作ることをおすすめします

まずWEBで何かをやろうっておもったときにはやはりまずは他人のものをうるというところから入るべきでしょう。利益が出てなかったら何も出来ないですから。

しかし、そこである程度結果を出したあとに自分の事業を構築する動きを加えてください。他人のものを売ることと、自分のものを売ること。このバランスが自営業者に求められるセンスです。

そして・・・安定を求めてください。これが幸福へとつながっていきます。

大変ですが、今はやり方があります

大変なこともあります

自分の事業を作って売ることは大変です。他人のものを売っているときにはなかった責任が発生しますし、何度も何度も事業を修正する労力もあります。

また、リスク、費用。そこも他人のものを売るときよりかかります。

しかし、今はリスクが少ない方法がある

一昔前では、株式会社は1000万円以上の資本金がなければつくれませんでした。一昔前といっても僕が高校生くらいのときまでですが(けっこう昔)。

しかし、今はネットの発達によって、少資本というかほとんど0円に近い資金でも自分の事業をつくれることもあります。

自分の事業を作ってみてください

なので、いつか必ず自分の事業を作ってみてください。そのときに僕の知識はものすごく役立つと思います。

ネットの人たち

インターネット上ではたくさん「ネットで稼ぐ方法」とかが散見されると思います。僕もその一派に見えるかもしれません。

嘘の人もいるでしょうが、こういった副業とか教えてる人の中にも確かにすごい人はいますよ。僕の周りで本当に成功している人はたくさんいます。

なので、そういった情報も有益だと思います。

僕はちょっと毛色が違う

ただ、そのなかで僕はちょっと特殊です。というのは、

事業を会社としてやってきた
大企業の仕事をまわしてきた
事業構築を10年しつづけて10社以上を構築してきた

という経験があるからです。もっている情報の内容が少し特殊です。そして、経験値が高いので事業構築という点では僕のが上であることが多いと思います。

てことで、僕の内容をしっかり理解してみてください。衝撃的な内容も・・・おそらくあると思います。頑張ってください。

うらの
うらの

ということで、いつの日か自分の事業を持つということを考えてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました