SNS複数同時運営の落とし穴。特に最初は1つのSNSに集中しよう。

現在の事業日記

こんにちは。うらのです。

今回は、SNSを始めようとするときに、

  • YouTube
  • Twitter
  • Instagram
  • TikTok

等、これらを手当り次第並行してアカウント開設してスタートしてしまう人への警鐘です。

SNSを複数運営は失敗の元

複数SNSの同時運営は失敗の元(特に初心者)

同時にいろいろなSNSを始めてしまう

SNSをこれから始めようかな!って思う方で、次のように考える方がいます。

うーん、、どこのSNSから始めよう。Twitterは会員数が多いな。インスタは成長してきているし、なんだかインスタをやっているという絵がかっこよくみえるかもしれない。YouTubeは10代、20代が多いから若い層を取り込むにはいいだろうし、なにより広告収益が入るもんな。でも、フォロワーを増やしやすいんだからやっぱTikTokもやるべきか!

まじめな人ほどこう考えます。他の人と違って、全部やるんだからきっと成功するはずだ!という考えが根底にあるのかもですね。

しかし、同時運営はおすすめしません

確かに、それぞれのSNSには客層が個別にあり、TwitterだけをやっていたらInstagramの人はフォロワーにできなくなります。なので、なるべく多くの人に自分のサービスやコンテンツを見てほしいと思った時に、「よし、すべてのSNSを頑張って始めよう!」というのは自然な考えなのかもしれません。

しかし、同時にやるってことは実はあまりオススメしていません。それは、SNSの本質的な構造が理由です。

SNSは最初が一番たいへん

SNSはフォロワーがフォロワーを呼ぶ構造

SNSというのは、「既にいるフォロワー(もしくはチャンネル登録者)が新規のチャンネル登録者を連れてくる構造」なのです。今現在のフォロワーがいいねをしたり、シェアをしたりすることによって、新たなフォロワーがあなたの投稿を発見し、そして新しいフォロワーになってくれるのです。

SNSとは指数関数的に伸びるもの

少しずつ少しずつフォロワーをあつめていけば、ある時にその既存のフォロワーたちの反応が新たなフォロワーを呼ぶというループがうまく回り始め、急激にフォロワーが集まり始めます。

(※ ちゃんとキャラ設定ができていることが前提)

つまり、SNSのフォロワーは指数関数的に伸びる性質を持っているのです。

※ 指数関数的ってのは、前半は横ばい、途中から加速する構造です。

※ 正確にはこの図のように永遠に伸びるわけではなく一気に伸びた後、また横ばいになりますけど。

フォロワー100以下の時に挫折しやすい

これは言い換えると、フォロワーがいなければ新規のフォロワーがなかなか増えないという意味でもあります。最初のフォロワー集めが一番大変だし時間もかかるのです。特に100以下。

この最初のフォロワー集めの間で「なんだ、全然SNSって反応ないんだな」と諦めてしまう方が非常に多いです。なんの反応もない中、頑張って更新し続けるってのは人間の本能には著しく反する行為ですから無理もないのかもしれません。

その大変なものを同時に平行すると失敗する

大変 ✕ 複数で心が折れる

つまり、SNSは最初が大変で労力もストレスも非常に大きい・・・にもかかわらず、それを並行してたくさんやると、当然ストレスも数倍です。また、結果が出るまでにかかる時間も数倍になってしまいます。

結果、心があっさりと折れやすいです。

マルチタスクは厳しい

あと、SNSと一言にいっても各SNSによって性質はまちまちです。Twitterであればテキスト主体になるし、インスタなら画像や動画の映像系。そしてハッシュタグ。YouTubeなら動画のみだし、編集が最重要・・・と力を入れるところが全て変わってきます。

これを脳みそを瞬時にカチカチと切り替えながら作業をするのは人間には本来的に向いていないのです。人間の脳はマルチタスクをやるとシングルタスクの場合に比して数倍のストレスを受けますし、脳の血管が石灰化していくなんて説まであります。

その意味でもSNSの複数並行運営はおすすめできません。

並行するSNSで最悪なのはYouTubeだと思う

特に最初の段階で並行するのが最悪なのはYouTubeな気がしています。

以前、Twitterにこう書きました。

そう、インスタとTwitterくらいなら同じような内容をアレンジしながら並行運営することも可能かもsりえませんが、YouTubeをやるとなるとそうはいきません。

YouTubeでは1分間に今400時間以上のコンテンツがアップロードされているようで激戦中の激戦。ほとんどが誰にも見られずに埋もれていっています。

この中で認知してもらうには高品質のものをたくさんアップロードしなくてはならいのですが、YouTubeは、機材準備・シナリオ原稿、脚本準備・動画撮影・編集などの作業をやってようやく1本のアップロードです。壮絶に大変です。

YouTubeはもっとも最初に並行してはならないものだと思います。流行っているからといって戦略なくYouTubeに飛びつかないようご注意を。

SNSは1つ(多くても2つ)から始めよう

1つ成長したSNSがあれば、他のSNSは簡単

最初の苦しみが激減

この点、SNSを1つだけに絞り込めば、労力はそうとう軽減されます。単純に作業量は減りますし、そして集中した分だけフォロワーが指数関数的に増え始めるまでの時間が短くなりますので、心理的なストレスもかなり軽減されます。

フォロワーがぐんぐん伸びて反応が出てきたら、SNSの更新が楽しくなってくるものですから。

ということで何か1つ、もしくは多くても2つまで。

そこで、結論としては、1つ、多くても2つのSNSから始めましょう。それ以上はダメです。

そして、1つのSNSに集中してまずは成功(フォロワーを増や)し、そしてそのSNSを利用して、次の別のSNSに参入するイメージです。例えば、Twitterのフォロワーをまず3000人にしてしまい、その3000人に「YouTubeを始めますからチャンネル登録をお願いします!」といってスタートする感じです。

その場合、YouTubeは最初から視聴者数、登録者数がかなり増えるでしょうから、やはりこちらも指数関数的にチャンネル登録者が伸び始めるまでの労力と時間が大幅に削減されるのです。

1つに集中し、勝利したら別のSNS・・・その繰り返しです。

唯一増える作業

ただ、SNSを選択してスタートするとなると、「最初に始めるSNSはどれがいい?」ということを考えなければならないです。これは、また別の機会に説明いたします。

今回は、おしまい。

 

※ 【会員の方へ】ここでオンラインサロン会員の方に、うらのからメッセージがあります。

この先のブロックを表示する権限がありません。サロン会員登録、もしくはサロン会員としてログインをお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました