どういった無個性事業にシフトすればいいのか

浦野のノウハウ

無個性な事業に性質を変化させる。こういうと簡単そうですが、実際にどういった事業にすればいいのか分からない方が多いと思います。実際僕も10年近く迷走しました。

人を雇うとリスクが大きすぎます。雇用のコストもさることながら毎月の人件費だけではなく、雇った人たちのオペレーションコストも膨大なものがあります。あなたの仕事量はお金を支払いながら数倍になるでしょう。

また、在庫やプラットフォームに依存するものもあまりおすすめしません。今は将来性を考えた事業構築の議論なのですが、売れるからといってアマゾン等のプラットフォームに完全に依存しながら新たに自分の商品を開発して在庫を積む・・・なんてやるとそれは情報発信事業以上にリスキーだからです。

どうしてもやりたいのでしたらやってもいいとおもいますが、ここでの議論からは趣旨は外れるかなと思います。

そこで何が良いのか。僕の結論はシステムの運営です。メルマガの配信システムだとか、会員制の卸システムだとか、今やっている情報発信の延長上にあるものを作るのです。システム開発のコストがかかったとしても実はこれは普通の事業の数十分の一程度のコストです。それでいて、自動で動いてくれるし、客単価もそこそこ高くできる。

最強だと思っています。

がいこつ<br>スタッフ
がいこつ
スタッフ

戻るボタンで戻ってください

もしくはコンサルページトップへ

タイトルとURLをコピーしました