YouTubeのサムネイル画像がどんだけ重要なのか?というお話

現在の事業日記

こんにちは。浦野です。

本日は、「YouTubeではサムネイルが非常に大切」という説が本当なのかちょびっと考えてみようと思います。

YouTubeのサムネイルとは

YouTubeのサムネイル画像とはなんだろう

YouTubeのサムネイルとは、動画を再生するまえに表示されている縮小された画像のことをいいます。

例えば、YouTubeのトップページを開くと、

このように画像がたくさん並んでいるはずです。この全てがサムネイル画像です。
(趣味がバレますが・・・)

サムネイル画像は動画作成者が作っている

動画の中の1映像を自動でサムネイル画像にしてくれる機能もあるのですが、その機能をつかって自動でサムネイル画像設定をしている人は少ないでしょう。

このサムネイル画像は、動画をアップロードした動画作成者がつくっていることがほとんどです。

※ もしもあなたがYouTubeをやっていてサムネイルを自動設定にしているのであれば、すぐに全ての動画のサムネイル画像を1つ1つつくってアップロード→設定しましょう。

サムネイル画像が良くなければ再生されない

このサムネイル画像は非常に重要なのですが、その重要である根拠の1つが「サムネイル画像が良くなければそもそも動画がまったく再生されない」からです。

サムネイルがあれば一瞥して動画内容がわかる

サムネイル画像で直観的に動画の質を判断

このサムネイル画像は、ひと目見ただけで内容がイメージできるものとなっています。このサムネイル画像をさっと眺めながら、ユーザーは「この動画を再生するか否か」を直感的に判断しているのですね。

ここに注意が必要で、ユーザーはちゃんとテキストを読んでいません。携帯やPCの画面全体を「1枚の絵」のように「眺めている」のです。そして、その中で興味がわいた動画のタイトルを読み、ようやくそこで中に入ってくるのです。

この作業は直感的に行われます。

サムネイル画像から動画再生するまで

つまり、

  1. 画面全体を眺めている
  2. 興味が湧くサムネイル画像を見つける
  3. 動画のタイトルを見る
  4. タイトルを見て直観通りおもしろそうなら動画を見始める

という順番です。

タイトルや動画が優れていても意味はない

つまり、動画を見たり、タイトルを見たりといった行為よりも先にサムネイルを見つけるということが必要なのです。どんなに素晴らしい動画をつくったり、どんなに素晴らしい動画タイトルをつけたりしてもサムネイルが興味を引くものでなければ一切無駄になります。

動画のサムネイル画像は非常に重要といえますね。

サムネイル画像が良くなければYouTube内で拡散されない

また、YouTubeではサムネイルが重要と考えられる理由はまだあります。それはサムネイルが優れていると拡散されやすくなるのです。

YouTubeはクリック率を計測している

YouTubeは、サムネイル画像が表示された回数(インプレッション)に対して、何回クリックされたかを常に計測しています。

そして、

  • 表示に対してたくさんクリックされる動画 → 人気がある動画
  • 表示に対してあまりクリックされない動画 → 人気がない動画

と判断していきます。考えてみれば当たり前のことですが。

そして、このクリックされた割合が6%以上であればその動画は「人気がある動画」と判断されると言われています。この6%が本当に正しいのかはわかりませんが、なるべくこの数値が高ければ高いほど、動画の評価が高いことは間違いありません。

「人気がある動画」はもっと表示される

この「人気がある動画」と判断されると、YouTube内の、

  • 関連動画
  • おすすめ動画
  • 検索結果上位

に表示され始めます。こうなると猛烈に再生され始めます。

たくさん再生されるとさらに評価があがる

そして動画が再生されると、

  • トータルの再生時間が増える
  • コメントがたくさんつく

という効果が発生。すると、さらに

  • 関連動画
  • おすすめ動画
  • 検索結果上位

に表示されるのです。良い循環がうまれますね。これがYouTubeでの拡散構造です。こうなると数万、数十万回の再生ということも発生します。

サムネイルがだめだと再生は0に近いことも

YouTubeで拡散される順番おさらい

つまり、YouTubeで拡散される順番はこうでした。

  1. 画面全体を眺めている
  2. 興味のわくサムネイル画像を見つける
  3. 表示に対して高い確率で再生されると、YouTubeに「人気がある動画」と判断される
  4. 関連動画・おすすめ動画・検索結果上位に表示されはじめる
  5. トータルの再生時間・コメント数が増える
  6. さらに「人気がある動画」と判断される
  7. さらに関連動画・おすすめ動画・検索結果上位に表示されはじめる

ここでも起点はサムネイル画像

やはりこの場合もサムネイル画像が良いというところが起点となっています。これがなければそもそものアクセスがなくて、まったく拡散されないのですね。

サムネイル画像はYouTube内で拡散されるためにも重要(必要不可欠)です。

どんなサムネイルが優れているのか?

すぐれたサムネイル画像の要素4つ

となると、このサムネイル画像を頑張ってつくらないといけないですよね。では、どのようなサムネイル画像が優れているのでしょう。

1つサンプルとしてこのサムネイル画像を見てみましょう。

【サステナブル × イノベーション②】日本が再び世界で勝つには?(Sustainability × Innovation)
直感的に内容がわかる画像となっている

サムネイル画像は、その動画の内容を表しているものです。

例えば料理の動画なのに、投稿者の顔だけだったり、一般的な素材サイトで購入した料理イラストだったりといったものよりも、実際の料理場面を切り出した物がいいでしょう。

直感的に、「こういう動画なんだろうな」とおもわせないといけません。

上記のサンプルサムネイル画像では、

  • 地球
  • 日本の国旗
  • 頑張ろうというイメージの表情な中田さん

がサムネイル画像になっていますね。これはわかりやすいです。

大きなテキストで興味を引いている

そして、大きな大きなテキストで興味を引くことです。その内容を表すテキストですね。

上記のサンプルサムネイル画像では、

  • 日本が勝つためには
  • サステナブル ✕ イノベーション


という大きな大きなテキストが入ってますよね。これは1秒で目に入ってきます。

どのチャンネルなのかすぐに分かる

サムネイル画像によって、「この動画面白そうだな」とおもうだけではなく、「あ、あの人のチャンネルだ!」と思わせることも大切です。

そこで、有効なのが、

  • ワンパターン、統一感
  • 顔をだす

ということです。上記のサンプルサムネイル画像でいうと、いつものスーツ姿や本人の顔で、「あ、中田さんのチャンネルだな(中田敦彦のYouTube大学)」と1秒で思わせることに成功していると思います。

親しみやすさ

YouTubeってテレビと違うところはCtoCツールであることです。なので、一部のプロの方には非常に残念なことですが、素人っぽさがどこか残っている方がウケます。そこで、

適度にダサいこと

  • 文字がめちゃくちゃ大きい
  • 原色系の目立つ色が多い

等身大のデザイン

  • 投稿者個人の顔
  • 等身大の表情
  • 絶妙なダサさ

が、大切です。

変化する

基本は上記4つ

上記4つの要素を気にしながら、良いサムネイル画像を作ってください。基本的にはこの4つを意識すればよいでしょう。

ただ、変化し続ける。

ただし、この4つの要素は2020年の夏にウケているサムネイル画像の特徴を抽出したものにすぎません。ユーザーの好みはすごい速度で変化しますから、この変化を追いながら微調整を続けていきましょう。

例えば、既に4つめの「親しみやすさ」には賛否があります。うらのの知り合いで、大手芸能プロダクションの幹部として活躍していた方がいますが、

YouTubeのサムネイル画像はいくらなんでもダサすぎる。あれは今どんどんと芸能系やテレビの業者がYouTubeに入り込んでいるから淘汰されますよ。

えらいひと

と言ってました。しかし、他方で、僕の知り合いの芸能人がいます。その子は、

芸能人ってかっこいいものをつくろうとするからYouTubeではウケないよね。YouTuberって名前があるでしょ。あれって、芸能人じゃないんだよっていう芸能側から言ってるんだとおもうけど、だから芸能人はYouTuberに勝てないんだよ。降りていけないから。YouTubeを見てる人は芸能人は求めてない。

とあるタレント

と言っていました。うーむ、これも確かに頷ける・・・。両方とも一理あるきがするのですが、この答えは今後の変化をみるしかないかなとおもっています。

※ 現状はわずかにダサい方が反応が高いです。

変化についていくには

ちなみに、この変化についていくには大御所といわれるYouTuberのサムネイルを日々意識してみているといいでしょう。必ずテストし続けていますから。

真似をするのが一番効率がいいです。自分でテストしまくらないようにしてくださいね。壮絶なコストがかかってしまい、ライバルに負けちゃいますから。卑怯なようですが、上位陣をみて研究することはやはり効率が良い戦略です。

YouTubeのサムネイル画像は大切。但し落とし穴あり。

今回の内容はほとんど語り尽くしました。YouTubeでのサムネイル画像は非常に大切なのは間違いありません。

多くのタレント・YouTuberも大切と断言

このサムネイルをどのYouTuberも、

  • めちゃくちゃ大切
  • 気張って作る必要がある

と語っています。

この方も、動画の内容は大したことなくても毎日更新しまくってサムネイルに命をかけろといっています。

PPAP-2020-/PIKOTARO(ピコ太郎)

いや、正確にはピコ太郎さんではなく、古坂大魔王さんが言ってるのですが、どう見ても同じ顔なので・・・笑

てことで、やっぱサムネイルは非常に大切そうですね。気張って作る価値が高そうです。

サムネイル画像の落とし穴

しかし、僕個人としてはサムネイルの品質はたしかに大切なのですが、この作り方を気をつけないと1つ落とし穴があるように思っています。

サムネイルが釣りすぎだと・・・

それは、サムネイルと動画の内容に落差がありすぎる場合です。

サムネイルを見るとめちゃくちゃ面白そうにみえた動画が、実際に見てみると全然おもしろくなかった・・・なんて経験はあなたにもあるのではないでしょうか。その時どうするでしょう。僕は最後まで動画を見ずに別の動画にいくか、別のサイトに移動します。つまりは離脱です。

離脱は減点となります

上記で、動画のサムネイルが表示されたときにどれだけクリックされたのかをYouTubeは計測しているというお話をしました。それはそのとおりです。

しかし同時に、どれだけ持続して動画が見続けられているかも計測しています。そして、あまりに多くの人がすぐに別の動画に移動してしまったり、別のサイトにいってしまったりすると、その動画は「人気がない動画」と判断されます。

大きな減点をされるのです。

こうなると、関連動画・おすすめ動画・YouTube内の検索結果上位に表示されなくなります。

動画内容がサムネイル画像に伴わない場合

つまり、

  1. サムネイルがあまりに刺激的
  2. それをみてユーザーが動画を再生する
  3. 内容が伴わない
  4. すぐ離脱
  5. 動画の評価が落ちる
  6. 関連動画やおすすめ動画、YouTube内での検索で上位に表示されなくなる
  7. 再生されなくなる

ってなりうるのです。

サムネイル作成は釣りすぎないようにしましょう。

つまり、サムネイルは非常に大切であることは間違いないのですが、しかし釣りすぎないようにしましょう。

「クリックされる」「クリックされたあと離脱されない」の両立を目指しながら気張って作りましょう。

 

※ 【会員の方へ】ここでオンラインサロン会員の方に、うらのからメッセージがあります。

この先のブロックを表示する権限がありません。サロン会員登録、もしくはサロン会員としてログインをお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました