検索上位表示(SEO)とメール到達(メルマガ)は似ています。内容が最重要。

起業ノウハウ

SEOとメールマガジンのノウハウというのは一緒に論じられることはほぼありません。しかし、両者には共通点がいくつもあります。その最も大きな共通点の1つが「内容が大切」ということです。

SEOとメールマガジン

SEO

SEOとは検索エンジン最適化のことです。最適な検索キーワードにて上位にサイトを表示できるようチューニングすることをいいます。

2010年くらいまでは内容はそこまで大切ではなかったのですが、現在は内容(サイトの中身)がもっとも大切です。質を問われる時代になってきているのですね。

メールマガジン

そしてこの「内容がもっとも大切」というのは実はメールマガジンでも同じことが言えます。そんなことは分かっているよ!と思うかもしれませんが、それでは「内容次第でメールの到達率が劇的に変わってくる」ということはご存知でしょうか。

コンバージョンだとか精読率といったものにメールの内容が大きく影響してくることは容易に想像つきますが、実は到達率にも強く影響するのです。

メールマガジンに問われる「内容」とは

スパムとみなされない内容

まず、アダルトやギャンブル、投資、お金儲け、公序良俗に違反するような内容ではないことが大切です。なぜなら、これらの内容はスパムメールを送信する方に多いコンテンツだからです。

仮にあなたがスパムメールなど送ることがない方だとしても、疑いから入ってしまいます。アダルトに見えないようギャンブルに見えないよう、投資に見えないよう・・・内容を都度気にする必要があります。

SEOもアダルト等がダメということではないですが、コンテンツの質で上位表示がほぼ決定してしまう点から考えると酷似しているといえるでしょう。

開封率が高い/迷惑メールに指定されない内容

また、現在のシステムにある共通の理念は「ユーザー目線」です。例えば、前述したアダルト等のコンテンツはGmailやヤフーメールなどが「良くない送信者が多いコンテンツ」と考えていますが、これはユーザー目線ではありません。配信システムが勝手に善悪を決めていることになりますね。

そのため、メールの到達率にはもう1つ大きな指標があります。それはメールの開封率が高く、迷惑メールボタンを押されていないこと、です。

ユーザーがちゃんと毎回読んでいること、迷惑とおもっていないこと、そういったユーザー目線も重視されます。これにはやはり結局、内容が大切ですね。くだらないことを買いて配信をしないことです。

メールが届かない方へ

メールが届かないという方は以上を踏まえて内容の質を向上させることをまずは考えましょう。変なコンテンツでないこと、ユーザーに嫌われていないこと、それらをチェックすることからです。

もちろん、これ以外にも到達率に影響する要素はあります。内容だけよければいいというわけではないのでその点にご注意ください。

タイトルとURLをコピーしました