なぜ、今更オンラインサロンを立ち上げたのか(ちょっとムズい内容)

うらの
うらの

こんにちは。うらのです。ちょっと、いろいろな方に質問されるので、

「なぜ、今更オンラインサロンを立ち上げたのか」

を今回まとめておこうと思います。

個人の作品を作り続けてきました。

ずっと個人に依存した事業をやってきませんでした。

プロフィールの経歴を見ていただくとわかると思うのですが、僕は10年ほどBtoBばかりやってまして、そこではうらの個人ではなく会社として契約をとってきました。

オンラインサロンは個人の名前、うらのという個性に依存した事業です。こういった事業をやるのはまさに10年ぶり、いやそれ以上かな。なんでいまさら・・・?と驚かれることが多いです。

個人の「作品」を作ってきた

僕が10年やってきたことは事業ごとに会社をつくることです。理想的にすすんだときには、僕以外の社長が切り盛りし、そのまま大きくなっていきました。その後、爆発(←悪い意味で笑)した会社もありますが笑。

で、ここでは1つ1つが僕の「作品」でした。芸術ともいえる作品を生み出したとおもうときもありましたし、絶賛されたこともありました。その逆もまたありました。

そのなかで気づいたビジネスフレームワーク

うまくいかない場合には共通の特徴がある

こういった作品の中、極端にうまくいくものと極端にうまくいかないものの差が出ました。ビジネスとはそういうものだ、とも言えるのですが、しかし、途中で気づいたのです。

この先のブロックを表示する権限がありません。サロン会員登録、もしくはサロン会員としてログインをお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました